映画 「真実」のネタバレ・結末・ラストの紹介!是枝映画の評価と感想も!

「真実 La vérité」は日本人監督としては初めて、ヴェネツィア国際映画祭でオープニング作品として上映されるという快挙の末、スタンディングオベーションで迎えられました。

日本では10月11日に封切られ、NHKの特集番組で取り上げられるなど、早くも話題を呼んでいます。

主演には「シェルブールの雨傘」で世界を魅了した、フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴ。さらにアカデミー助演女優賞受賞の演技派、ジュリエット・ビノシュ、ハリウッドきっての個性派俳優イーサン・ホークを加え、フランスを舞台に、夢のような豪華キャストの共演が実現しました。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

映画『真実 La vérité』あらすじ

フランスの国民的大女優、ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)が自伝を出版することになった。それを祝して、NYに住んでいる一人娘リュミール(ジュリエット・ビノシュ)が俳優の夫(イーサン・ホーク)と愛娘を連れて、久々に戻ってきた。

 

しかし、気位の高いファビエンヌの書いた自伝の内容は、自己愛に満ちた虚実の混じったものであり、脚本家をしているリュミールにとっては受け入れられるものではなかった。内容に傷ついたのは彼女だけではなく、長年仕えてきたマネージャーですら、一行の感謝の言葉もないと辞職してしまう。ファビエンヌはSF映画に出演を控えており、仕方なくマネージャーの代役を務めるリュミール。

 

プライベートに加え、撮影現場でも時間を共に過ごすうち、ファビエンヌの演技力に圧倒される一方で、内外での傲慢さに嫌気がさしてしまう。テレビ俳優の夫や現場の若い女優に対しても、毒舌を吐き続けるのだ。

 

その上、母代わりとしてリュミールを慈しんでくれた、既に故人となった、ファビエンヌのライバル女優サラに対しても、リュミールをいらだたせることばかり語り始める。

 

一触即発寸前で、ひょっこり音信不通の父親が訪ねてきて、物語は新たな方向に転がり始める。

映画「真実 La vérité」のキャスト

出演キャスト・公開情報
【キャスト】
カトリーヌ・ドヌーヴ /ジュリエット・ビノシュ /イーサン・ホーク
マノン・クラヴェル /クレモンティーヌ・グルニエ
リュディヴィーヌ・サニエ /アラン・リボル
クリスチャン・クラエ ロジァー・ヴァン・フール

【監督】
是枝裕和

【映画公開日】
2019年10月11日

映画『真実 La vérité』のネタバレ

それでは早速、映画『真実 La vérité』のネタバレをチェックです。

日本人監督とフランスの大女優の化学反応をお楽しみください!

ネタバレ①:自伝「真実」をめぐる虚実

ポイント!!
親子のいさかいのきっかけとなったのが、ファビエンヌがこの度出版する自伝「真実」である。
国民的女優のイメージを壊したくないファビエンヌに対して、子供の頃から常に遠く感じていたリュミール。それだけに家庭を顧みなかった母親が、「娘の学校からの帰りを待つ時間のあたたかさがいとおしかった」というようなことを書いても、それは真実ではないとゲラを読んで激怒してしまう。

 

リュミールは母親が仕事中毒で会ったことに、ずっと寂しさを感じていたため、母親にとって都合の良い嘘が許せなかったのだ。その上、自身もNYでシナリオライターとして身を立てているだけに、文章に込められる本当の想いに敏感でもあったのだろう。また、放蕩癖のある父親について、二人は離婚して没交渉ではあったものの、文中では既に亡くなったことになっており、リュミールは真実はどこへとあきれる一方だ。

 

一方、ファビエンヌは「スター女優に必要なのはイメージを売ることであって、プライベートでの真実を知らせる必要などない」とばかりに開き直ってしまう。せっかくNYから夫と娘を連れて、母親の出版祝いに駆け付けての再会なのに、この親子の心の距離は想像以上に遠く、夫も娘も戸惑ってしまう。

ネタバレ②:ファビエンヌが撮影中のSF映画とのパラレルワールドが進行

ポイント!!
紆余曲折を経て、最後の撮影シーンでのファビエンヌとマノンの迫力あふれる演技を見ながら、母との心理距離が遠かった自分と重ね合わせて想いを馳せるのが、リュミールの表情からも読み解ける。
孫もいる年齢のファビエンヌがこの度撮影に参加しているのは、意外にもSF映画である。その内容も、主演の気鋭の女優マノン演じる母親が不治の病を患い、その病気の進行を止めるために時の流れ方がゆるやかな宇宙に行き、定期的に顔を見せに帰ってくるのを地球で待ち続ける娘役、というかなり不可思議な設定なのだ。

 

劇中では、母親は宇宙にいるため永遠に若く美しいままですが、地球に残る娘は時の経過とともに母の年齢を追い越し、最後には母の目の前で死期も迫るという、かなりアイロニーの混じった筋立てとなっている。娘役は子役から少女時代、そして中年期、最後の老年期(ファビエンヌが担当)と別々の4人が演じることで時間の経過を表現することになっている。

 

有名女優ファビエンヌを前にしても、近年実力派として名高いマノンはひるむことなく、本読みの段階からすごい迫力で涙まで見せる。さすがのファビエンヌも圧倒されてしまうほどだ。ライバル心すら掻き立てられるファビエンヌ。

ネタバレ③:常に親子の間に存在し続けた、サラという存在

ポイント!!
二人の長年の見解の相違が、少しずつ溶けてきたところは必見だ。
国民的女優としての母に幼少時から葛藤を抱き続ける娘とのすれ違い。そして親子として再び絆を取り戻すまでのプロセスで、二人の心にさざ波を立てるのが、ファビエンヌの友人にしてライバルである、実力派女優サラである。サラはリュミールをよく可愛がり、物理的にも彼女と長く時間を過ごしてきた。リュミールにとっては、いわば「育ての母」のような関係だ。

 

一方、ファビエンヌにとっては、サラはライバルとして認め、役を争ってきた存在である。不幸にしてサラは若くして亡くなってしまうが、リュミールにとってサラは永遠に感謝の対象であり続けた。

 

しかし、後半、「自伝」では語られなかった、ファビエンヌのサラに対するライバル心の本当のところが浮き彫りになっていく。女優としての人生を優先したファビエンヌにとっては、サラを「育ての母」としてリュミールが自分より慕っていることに本心では傷ついていたのだ。

 

それならば自分は女優としてのやり方で、娘への愛を示そうと、子供向け映画への出演を決心したのだと告白するのである。実際、その映画は孫も魅了されている作品であり、ファビエンヌは彼女なりに子どもに夢を与えてきたのである。すでに亡きサラへのあふれる想いを通して、二人の長年の見解の相違が、少しずつ溶けてきたところは必見だ。

映画『真実 La vérité』感想と評価

真実 La véritéをみて感じたこと…
カンヌでパルムドール賞を受賞した是枝監督にとっても、世界的スターを主演に迎え、フランスで制作するというのは初めての経験でした。スタッフのほとんどもフランスが誇るプロばかり。平均労働時間が週35時間の国ではスケジュール進行すら思うように進まず、言葉の壁もある中での撮影は困難を極めました。しかし、どこかでボタンをかけちがえてしまった親子の再生を描いた是枝ワールドに、フランスやハリウッドで活躍する俳優たちの視座を加えたことが、従来の作品にはなかった良い化学反応を生んだことは明らかでした。個人主義と言われるフランスでも、親子の関係が難しく、そして尊いことは同じであることを見ていると、心の琴線に触れて涙腺が緩んでしまいました。また、プライベートをも芸の肥やしにする、天性の女優ファビエンヌを、カトリーヌならではの圧倒的な存在感で生き切る姿は、思わず魅了されたものです。アメリカのテレビ俳優役の娘の夫役、イーサン・ホークと演劇論をぶつところなどは、ほとばしる情熱をたぎらせていました。今年で75歳の大女優の円熟の演技が見られることだけでも、この映画の価値を高めてくれています。この「真実」は早速韓国での上映も決まり、他国でも早くも注目されています。今後も多国籍の人材と映画を作っていきたいと語る是枝監督、この作品が飛躍のきっかけになることは疑いようがありません。

映画「真実 La vérité」のレンタル動画を無料視聴する方法

やっぱりテキストのネタバレだけじゃわからない…。映画のレンタルが開始されたら動画でみてみたい…。

やっぱり映画は映像で見るのが一番ですよね。映画『新聞記者』は下記の代表的なVODサービスで無料視聴することが可能です。(一部未対応の作品あり)

U-NEXTポイントで無料視聴・見放題作品数は業界最大級
TSUTAYA TVポイントで無料視聴・DVDレンタルあり
music.jpポイントで無料視聴・見放題作品なし

おすすめはU-NEXTです。動画レンタルはもちろん、見放題の映画や国内外ドラマを多数配信。

また、漫画や雑誌の読み放題も多数取り揃えているのは上記の中でもU-NEXTだけ。初回登録の方は31日間無料で利用することができます。

★600Pが付いて・31日間無料で楽しめる★

MyconoMovieおすすめVODランキングTOP3

☆☆☆NO.1 U-NEXT
動画配信数は業界最大級。
動画配信ジャンルも多岐に渡っており、中でも新作映画の配信は人気の動画コンテンツ。そして、最大の特徴は電子書籍や電子コミックも同時に楽しむことができるところ。動画・電子書籍の一体型アプリでどちらも楽しめるので、スマホでの操作性が抜群です。動画・電子書籍の両方が楽しめる分、月額利用料金は少し高めですが、通勤通学、時間つぶしなど様々なシーンに対応したVODサービスとなっています。
月額利用料金1990円(税抜き)
無料期間/無料ポイント31日間/600pt
おすすめ特典電子書籍見放題あり・動画配信多数
管理人のおすすめのポイント
2ヶ月以上の継続利用で毎月1200ポイントが貰える特典もあります。
ポイントは最新映画の視聴や有料電子書籍の購入にも使え、もちろん翌月にも持ち越すことが可能。ポイントを貯めてみたかったドラマをイッキに視聴することもできます。Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。4デバイスまで同時視聴が可能となっているでの、ご家族での利用がおすすめです。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼U-NEXTを利用してみる▼

U-NEXTの無料視聴はこちら


☆☆NO.2 FODプレミアム
フジテレビ系列の映画やドラマの配信なら「 FOD」です。フジテレビ系列の動画に強く、映画・ドラマ作品は多くの独占作品を配信しています。FODもU-NEXT同様に電子書籍・電子コミックを配信。常に100冊以上が読み放題となっており、人気のコンテンツとなっています。Amazonアカウントを使って登録すると1ヶ月間無料で利用が可能。さらに業界最大ポイントの初月300ポイントがもらえます。サービスの充実度は現在のところ業界トップといえるかもしれません。
月額利用料金888円(税抜き)
無料期間/無料ポイント1ヶ月/1300pt
おすすめ特典フジテレビ系映画・ドラマ最新話無料視聴・電子書籍見放題あり
管理人のおすすめのポイント
フジテレビ系列の映画・ドラマは独占配信作品が多数あります。スポーツ・バラエティーなど多数ジャンルを配信しています。追加料金を支払うとFOD専門チャンネルの視聴も可能です。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼FODを利用してみる▼

FODの無料視聴はこちら


おなじみのTSUTAYA。実はレンタルDVDだけではなく、映画やドラマの動画配信も行っています。もちろん、変わらずDVD自宅にいながらレンタルすることも可能です。各映画配給会社やテレビ民放各社の作品を幅広く配信。U-NEXTやFODプレミアムで配信されていない作品がTSUTAYA TVにはあったりもします。この辺はレンタルメディアの先駆者とも言えますね。ただし、見放題作品が少なく、動画配信のほとんどがポイントまたは課金でのレンタルとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です