映画 新聞記者 ネタバレあらすじ!ラスト・結末の羊のイラストに込められた意味とは? 

映画『新聞記者』は、東京新聞の望月衣塑子記者の自伝本「新聞記者」にヒントを得て、政権の腐敗構造に切り込む女性記者の奮闘ぶりを描いた映画です。

封切り前から、有名女優たちが反政府側というレッテルを恐れて、主演を受けなかったと噂を呼び、口コミで注目を集めました。

人気俳優「松坂桃李」が主演の一人だというのに、テレビで取り上げられることはなく、公開は143スクリーンと限られた規模。にも関わらず、噂が噂を呼び、2019年10月までに興行収入は5億円を超えています。

デジタルセルのネット配信も開始され、日韓関係に揺れる韓国でも上映が始まるなど、注目の映画作品です。

それでは早速、映画『新聞記者』のネタバレをチェックしましょう。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

映画「新聞記者」のキャスト

出演キャスト・公開情報
【キャスト】
シム・ウンギョン /松坂桃李 /本田翼 /田中哲司
高橋和也 /北村有起哉 /西田尚美 /岡山天音 /郭智博
長田成哉 /宮野陽名 /高橋努 /望月衣塑子 /前川喜平
マーティン・ファクラー /他

【監督】
藤井道人

【映画公開日】
2019年6月28日

映画『新聞記者』あらすじ

官邸記者会見でも政治家に鋭い質問を投げかける大手新聞社記者、吉岡エリカは、官邸ににらまれているだけでなく、記者クラブ仲間からも浮いている。それもそのはず、エリカはアメリカ育ちで父親もジャーナリストという血筋で、政治家に配慮などしない。

 

ある日、匿名のファックスが新聞社に届くが、その内容は新たに作る医療系大学についての極秘文書であった。一体誰が、どんな目的でこれを送ってきたのか。エリカは調査を開始する。

 

一方、外務省から内閣情報調査室勤務に出向中の杉原拓海は、中国勤務時代の元上司神崎俊尚と再会し、昔話をしているうちに、現在の自分の仕事に疑問を持ち始める。なにしろ、SNSでネット世論が多数派に流れやすい特性を利用して、世の中の空気をコントロールするのが仕事だ。そんな折、突然神崎が自殺してしまう。

 

その頃、エリカもまたファックスの差出人が神崎ではないかと疑いを持ち、彼の家族への接触を試みる。なぜ、神崎は自殺したのか、そしてファックスの差出人の真意を追求しようとした彼女の問いは、尊敬する元上司を失った杉原のものでもあった。

 

二人は協力してその謎を突き止めることを決心するが、意外な展開がその先に待っていた。

映画『新聞記者』のネタバレ

それでは早速、映画『新聞記者』のネタバレをチェックです。

映画は政治的な内容を含んでおりますが、なるべくわかりやすくネタバレ解説して行きます。是非、お付き合いください。

ネタバレ①:なぜエリカはリスクを承知で、政治疑惑を追及するのか

ポイント!!
自殺した父の枕もとにかけつけたエリカが見せる表情には、鬼気迫るものがあった。言いようのない悔しさをにじませるあの表情、現在の日本の女優で作れる人はいないだろう。
日本の記者クラブ制度が特異な存在で、お互いにけん制しあうことにより、かえって政治家への忖度が働き、結果的に政治とメディアがなれ合い関係になっているというのは、しばしば海外メディアの東京特派員に指摘されている事実である。

 

しつこく疑惑を記者会見で追及して、政治家が「法的に問題はない」と答えているのに、官邸からにらまれては、次から他の問題に対しても、答えてもらえなくなるというのが記者クラブの言い分のようだ。

 

エリカはアメリカでジャーナリズム教育を受け、父もジャーナリストだったという設定もあるが、政治疑惑への鋭い追及姿勢に対して、明確な脅しを内閣情報調査室や、時には社内上層部からも受けていく。それでも彼女が同調圧力にひるまないのは、もう一つの理由があった。ジャーナリストの父親が、かつて、有力政治家のカネをめぐる問題に迫ろうとしていたが、結果的に誤報であったと判明し、自ら命を絶ってしまったのだ。

 

しかし、彼女には、父親が間違っていたとはどうしても思えない。そこで、父の弔い合戦とばかりに、今回の医学部建設を巡る疑惑を徹底解明しようと決心しているのだ。

ネタバレ②:公僕たる公務員として、誰に仕えるべきか

ポイント!!
公務員として、仕えるべき相手を決める前の松坂桃李の緊迫した表情を自分の目で確かめてみてほしい。
エリート官僚である杉原が、公務員試験合格後に選んだ進路は外務省だった。いまの雅子皇后のように、日本外交の将来の発展のために骨身を削る、そう決心して入省したはずである。実際、神崎とともに中国にいたときは、多くの困難を共に乗り越える仲間たちと、日本のイメージを良くしようと奮闘していた。

 

しかし、内閣情報調査室での仕事は、薄暗い部屋の中で皆がパソコンに向かって、twitterなどで多くの即席アカウントから、政権に有利なコメントを大量に書き込んで世論を作っていくことなのだ。

 

さらに、政敵や政権批判のデモに参加する一般人に対しても、マスメディアを使って追い詰めていくことにも加担させられる。不服を感じていることが表情に出たのだろう。自分に対しても、裏切られないようにプレッシャーをかけてくる上司。そこで、杉原が自分の仕事に疑問を持っていくのは当然だろう。誰のための仕事なのか、悩まないほうがおかしいくらいである。

 

そこへ、尊敬する神崎の自殺に加えて、杉原の身の上に、決定的な出来事が起きる。悩み続けてきた杉原の心は決まった。

ネタバレ③:タレコミファックスに描かれた謎の羊のイラスト

ポイント!!
遺族の妻役を演じるのは西田尚美だが、彼女もまた、夫の苦悩を感じ取れなかったと自分を責めていた。しかし、エリカの話で彼女もまた大きな決断をする。公務員の妻の覚悟が垣間見える瞬間だ。
エリカが、単身で差出人を探している医療系学部の新設についての極秘文書では、本来大学設置の認可先は文部科学省であるべきところが、なぜか内閣府になっていた。この矛盾はどういう意味を持つのか、考えを整理しながら調査を始めるエリカ。

 

しかも、このファックスの表紙には、羊のイラストが描かれていた。重要な手がかりとなるも、素人レベルのイラストからアプローチはできない。泥臭く事実を洗い出していく過程で神崎が差出人ではないかと、目星をつけるものの、その神崎が飛び降り自殺をしてしまい、また調査は振出しに戻ってしまう。

 

あきらめきれないエリカは、失礼を承知で神崎の自宅に押し掛け、家族に羊のイラストを見せて事情を説明する。この文書を告発した人が本来業務に反してでも、これを世に出したいとしたならば、それは国民の税金を個人的なつながりのある私企業に投入することに反対だったからだろう。公務員として、その業務を推進することは良心が許さなかったはずだ。だからこそ、その意思を組んで、自分は真実を知りたいのだと語る彼女に、遺族は意外なことを話しだす。

映画『新聞記者』感想とまとめ

新聞記者をみて感じたこと…
日本映画には珍しく、「政治権力とメディア」という社会派のテーマを取り上げた作品です。

 

「権力の番犬」であるべき新聞社が委縮している代わりに、フィクションとはいえ政治への疑惑に切り込んだ姿勢は評価されるべきでしょう。また、いわゆる「ネット世論」が簡単にコントロールできうることも、この映画は可視化してみせました。

 

知らぬ間に、為政者に都合の良い世論が形成され、手遅れになってしまいかねない危うさを、この映画を見て感じました。現状の生活に、先の見えない閉塞感を感じているなら、この映画を見ることで何かが変わると思います。

映画「新聞記者」のレンタル動画を無料視聴する方法

やっぱりテキストのネタバレだけじゃわからない…。映画のレンタルが開始されたら動画でみてみたい…。

やっぱり映画は映像で見るのが一番ですよね。映画『新聞記者』は下記の代表的なVODサービスで無料視聴することが可能です。(一部未対応の作品あり)

U-NEXTポイントで無料視聴・見放題作品数は業界最大級
TSUTAYA TVポイントで無料視聴・DVDレンタルあり
music.jpポイントで無料視聴・見放題作品なし

おすすめはU-NEXTです。動画レンタルはもちろん、見放題の映画や国内外ドラマを多数配信。

また、漫画や雑誌の読み放題も多数取り揃えているのは上記の中でもU-NEXTだけ。初回登録の方は31日間無料で利用することができます。

★600Pが付いて・31日間無料で楽しめる★

RIDER SENTAI おすすめVODランキングTOP3

☆☆☆NO.1 U-NEXT
動画配信数は業界最大級。
動画配信ジャンルも多岐に渡っており、中でも新作映画の配信は人気の動画コンテンツ。そして、最大の特徴は電子書籍や電子コミックも同時に楽しむことができるところ。動画・電子書籍の一体型アプリでどちらも楽しめるので、スマホでの操作性が抜群です。動画・電子書籍の両方が楽しめる分、月額利用料金は少し高めですが、通勤通学、時間つぶしなど様々なシーンに対応したVODサービスとなっています。
月額利用料金1990円(税抜き)
無料期間/無料ポイント31日間/600pt
おすすめ特典電子書籍見放題あり・動画配信多数
管理人のおすすめのポイント
2ヶ月以上の継続利用で毎月1200ポイントが貰える特典もあります。
ポイントは最新映画の視聴や有料電子書籍の購入にも使え、もちろん翌月にも持ち越すことが可能。ポイントを貯めてみたかったドラマをイッキに視聴することもできます。Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。4デバイスまで同時視聴が可能となっているでの、ご家族での利用がおすすめです。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼U-NEXTを利用してみる▼

U-NEXTの無料視聴はこちら


☆☆NO.2 FODプレミアム
フジテレビ系列の映画やドラマの配信なら「 FOD」です。フジテレビ系列の動画に強く、映画・ドラマ作品は多くの独占作品を配信しています。FODもU-NEXT同様に電子書籍・電子コミックを配信。常に100冊以上が読み放題となっており、人気のコンテンツとなっています。Amazonアカウントを使って登録すると1ヶ月間無料で利用が可能。さらに業界最大ポイントの初月300ポイントがもらえます。サービスの充実度は現在のところ業界トップといえるかもしれません。
月額利用料金888円(税抜き)
無料期間/無料ポイント1ヶ月/1300pt
おすすめ特典フジテレビ系映画・ドラマ最新話無料視聴・電子書籍見放題あり
管理人のおすすめのポイント
フジテレビ系列の映画・ドラマは独占配信作品が多数あります。スポーツ・バラエティーなど多数ジャンルを配信しています。追加料金を支払うとFOD専門チャンネルの視聴も可能です。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼FODを利用してみる▼

FODの無料視聴はこちら


☆NO.3 TSUTAYA TV / DISCAS
おなじみのTSUTAYA。実はレンタルDVDだけではなく、映画やドラマの動画配信も行っています。もちろん、変わらずDVD自宅にいながらレンタルすることも可能です。各映画配給会社やテレビ民放各社の作品を幅広く配信。U-NEXTやFODプレミアムで配信されていない作品がTSUTAYA TVにはあったりもします。この辺はレンタルメディアの先駆者とも言えますね。ただし、見放題作品が少なく、動画配信のほとんどがポイントまたは課金でのレンタルとなっています。

月額利用料金2417円(税抜き)
無料期間/無料ポイント30日間/1080P
おすすめ特典DVDレンタル借り放題
管理人のおすすめのポイント
やっぱり映画はDVDやブルーレイディスクをデッキに入れて…。そんな、雰囲気を大切される方にはTSUTAYA TVがおすすめです。また、U-NEXTやFODプレミアムで配信されない「ジブリ作品」はTSUTAYA TVでDVDをレンタルするしか視聴する方法はありません。月額利用料金が2417円と少し高いので、30日間の無料お試し期間を上手に利用したいですね。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼TSUTAYA TV / DISCASを利用してみる▼

TSUTAYA TVの無料視聴はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です