仮面ライダーゼロワン無料動画/Dailymotion/pandora 6話の無料視聴見逃しまとめ

仮面ライダーゼロワンの第6話を見逃してしまった方。

また、仮面ライダーゼロワンの放送がない地域のお住いの方へ、仮面ライダーゼロワンの動画を無料視聴する方法をお届けします。

週末は用事があって、子供が楽しみにしている仮面ライダーゼロワンを見せてあげる事ができない。

どうしようかな〜?と、お考えのお父さんお母さんもご安心下さい。

ビデオパスに初めて登録される方は、仮面ライダーゼロワンの最新話を無料で視聴する事ができます。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

仮面ライダーゼロワンの概要

仮面ライダーゼロワンってどんな感じで展開していくのか?

ちょっと気になりますよね?

もちろん、今後のストーリーがネタバレしてる事はありません。

が、しかし、仮面ライダーゼロワン公式サイトで番組プロデュサーが仮面ライダーゼロワンについて結構詳しく語ってくれています。

仮面ライダーゼロワンを手がける側の考えや思いを知って、仮面ライダーゼロワンを見るのと見ないのでは、感じ方が変わるかもですね〜。

という事で、仮面ライダーゼロワン大森Pのコメントをどうぞ。

令和ライダーはじまるってよ
Highlightとは「みどころ」のことらしいのですが「みどころ」は毎回全部です。
と、言うわけで、ここでは番組制作にまつわることを徒然なるままに書きたいと思います。

「ゼロワン」の名前の由来は新元号『令和』にあります。
新元号になっての1号ライダーであり、『0(れい)1(ワン)』という音感とのダブルミーニングに気付いた瞬間は運命を感じました。もちろん、他にも企業のナンバー1の社長ライダーであり、0と1が羅列されるデジタル世界と強く関わっていく仮面ライダーという幾多の意味があります。

最近よく「令和初のライダーを手掛けるにあたり、プレッシャーはなかったのか?」と聞かれる機会があります。この質問を受けるまで私は気づきませんでした。
『令和初なのだから絶対に変えなければならない!』という使命に。

「そうか、プレッシャーを感じるべきだったのか」と、逆にそこからプレッシャーを感じ始めました。
そこで、『仮面ライダーゼロワン』を作るために何を意識してきたのかを自分なりに分析してみて分かりました。
“新時代ライダー”ということをそこまで意識しなかったのは、正に“新時代”になったからこそなのだと。

「平成仮面ライダーシリーズ」は「昭和ライダー」や前作との“変化”をかなり意識してきたシリーズだと思うのです。自分なりにも『ドライブ』をやるときには 「『鎧武』がこう来たから、こう!」みたいなところがあったり、『エグゼイド』『ビルド』を手掛ける際にも、前の作品を意識して「どう変えていくか」という部分をかなり意識した憶えがあります。

しかし、今回の『ゼロワン』に関しては「変えてやる!」という意識はほとんど必要ありませんでした。恐らく新時代になったことによって「平成や前作とのカウンターを意識しなくてよくなった」からだと思います。なんせ時代そのものが変わっているので。

それがどういうことかと言うと、「ゼロワン」は“過去”を意識する作り方ではなく、かなり“未来”とか“これからの子供たちが生きる世界”を意識して作っているということです。そのせいで、今までのシリーズと比べる必要がなく、プレッシャーを感じる必要が無かったのだと思います。

というわけで最初の令和仮面ライダー「ゼロワン」です。
昭和の仮面ライダーシリーズ、平成の仮面ライダーシリーズ、どちらのシリーズも素晴らしく、それと比べることができないほど令和は生まれてまだ間もない。だからこそ、ここから仮面ライダーが生まれるつもりで、新ヒーローの誕生をただただ目撃していただければ幸いに思います。

「昭和」「平成」「令和」その時代の変化を意識できるのは大人だけです。
とりあえず、その意識は引き出しに仕舞って、もう一度童心に戻り、令和元年9月1日に始まる新番組「仮面ライダーゼロワン」を見ていただければと思います。

東映公式

仮面ライダーゼロワン6話のあらすじ

アニメ作品『パフューマン剣(つるぎ)』のアフレコに臨む声優ヒューマギア・香菜澤セイネ。その現場に或人の姿があった。『パフューマン剣』の大ファンだから……、ではなく今回はAIに関する犯罪を取り締まる機関A.I.M.S.(エイムズ)の立ち会いのためだった。どうやらセイネには人工知能の法律に関する違反があるようで―――。

東映公式

仮面ライダーゼロワン 第6話のキャスト

キャスト

高橋文哉

岡田龍太郎

鶴嶋乃愛

井桁弘恵

中川大輔

砂川脩弥

児嶋一哉

【ゲストキャスト】

おかやまはじめ

美山加恋

主題歌

「REAL×EYEZ」
歌:J×Takanori Nishikawa

先週放送 仮面ライダーゼロワン第5話の感想

9月29日に放送された仮面ライダーゼロワン第5話の感想を視聴のみなさんからお寄せいただきました。

今回の第6話は5話のストーリーが含まれています。

5話の確認も含めてチェックしておきましょう。

或人の気持ちが伝わった?

ヒューマギアを大切にしている或人にとって、ヒューマギアを道具としてしか扱わない石墨の言動は悲しいものだったと思います。また、大好きだった漫画家さんが全く自分で作品を描いていないのも嫌な気持ちになったのが伝わりました。

結果としては石墨がゼロワンの戦いを目の当たりにして漫画家としての情熱を取り戻しましたが、或人のヒューマギアへの思い、真っ直ぐな気持ちも伝わったのではないかと思います。

ただ、新キャラのオチがゼロワンではなかったのは或人にとっては残念だけど笑えました。

漫画家の先生の改心するキッカケがショボすぎる!

まず、いくら納品先が大好きな漫画家の自宅であったとしても、飛電の社長自らが納品するというのは納得がいきません。

起動させるサポート役の社員が同行するのが普通です。そして、すっかりヒューマギアのスタッフに漫画の執筆をストーリーまですべて任せてしまっている退廃した漫画家役をEXILEの役者班からキャスティングしているのが、さすが令和元年ライダーだけあって力の入れようが違うと思いました。

その先生が、暴走したヒューマギアに襲われた際に、昔から使っていたペンを守ろうとしたことで、漫画家としての魂を失っていなかったことに気づくというシンプル過ぎるきっかけの設定にはがっかりしました。

漫画家の先生が改心するキッカケについて、もっとじっくり考えてほしかったです。

情熱のフレイミングタイガー

今回は情熱をなくした漫画家がヒーローの戦いを通してかつての情熱を取り戻していくという比較的王道な流れで、現時点では本作は1話完結中心なので比較的見やすい流れの話が多いなという印象を受けます。

また、新フォーム・フレイミングタイガーは肉球から炎が出るのがある意味新鮮でした(笑)。

ラストで滅が迅に「お前は俺の息子だ」と告げていたのが衝撃的で、どんだけ若作りなんだと一瞬思いましたが(笑)、もしかしたら滅と迅は人間ではなくヒューマギアなのか?と思いましたね。

AIは道具かパートナーか

AIはプログラムによって動いている機械であり、見た目は人間に似ていてもただの道具であるという考え方、これには考えさせられました。

これはゼロワンにずっとついて回る問題でしょう。特に、イズには何らかの感情があるように思えて仕方ないのですが、今後の展開が楽しみです。

石墨先生への或人の切実な訴えには胸を打たれましたね。

そして、新たにフレイミングタイガーが登場しました!個人的に見た目が今までで一番格好良いと思います。

それにしても、不破は本当に笑のツボが或人なんですね(笑)早く、堪えきれずに或人の目の前で大爆笑する不破が見たいです。

海外動画配信サイト「Dailymotion」「Pandora」での視聴はお控え下さい

無料で動画を楽しむのはネット時代のステータスです。

フランスを拠点とする動画サイトの「Dailymotion」

韓国・アジアを中心にサービスを展開する「Pandora.TV」は、既に身近な存在になりました。

 

以前は、著作権があるにも関わらず、様々な動画がアップロードされ見れない動画はないと言う環境でした。

しかし、昨今では日本でも著作権の問題が大きく取り上げられ、著作権を巡り裁判にまで発展したケースもありました。

それは、ネット社会が著作権の侵害を助長しているケースも珍しくなく、違法アップロードがされている海外動画サイトにアクセスを促す有名サイトが次々と閉鎖し高額の賠償金を請求される事態に。

著作権のある動画コンテンツを著作権元に承諾なく、動画サイトに公開する行為。

これは本来であれば、厳しく罰せられなければなりせん。

ただ、海外の動画サイトとサーバーを経由している以上、日本の法律では裁くことができないのが実情でもあります。

しかし、漫画村やanitubeなどの著名なサイトが取り締まりを受けたことにより、海賊版の漫画・動画視聴への公益性を重んじる風潮が生まれたことも確かです。

 

公開してはいけない動画を海外動画サイトへアップロードして、不当な利益を得ようとしている人。

その動画が適正な方法で公開されていない事を承知の上で、視聴する人。

双方の需要と供給があるからこそ、生じる問題でもあります。

今こうした問題の解決に向けて、ようやく動き出した段階と言えるでしょう。

 

私どもが運営する当サイトは、こうした違法で公開されている動画へのアクセスの撲滅を目的しています。

テレビや映画などで公開される動画は、既にVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴する事が広く認知されて来ています。

VODには、期間を定めて無料で動画を視聴できるサービスを提供しているところも多く存在します。

是非、この機会にVODサービスをお試し頂き、使いやすさや安全性に触れて頂ければ幸いです。

 

仮面ライダーゼロワン最新話は「ビデオパス」にて、無料配信をしています。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

仮面ライダーバルカンとバルキリー

早くも登場した2号ライダーの仮面ライダーバルカンと3号ライダーの仮面ライダーバルキリー。

滅亡迅雷.netとの争いには、欠かせない存在となりそうですね。

序盤は敵対関係のような対面でしたが、戦う理由は一致してるのであっさりと友好関係になるのかな?

ただ、或人が仮面ライダーゼロワンであることをどこまで秘密にできるのか?これがストーリー展開の鍵となりそうですね。

ここでは、今後の仮面ライダーバルカンと仮面ライダーバルキリー・滅亡迅雷.netについて皆さんの感想です。

仮面ライダー減とは一体何者なのか?

滅亡迅雷.netの司令塔減。いつもはパソコンの前でゼツメライズキーを迅に渡すのみで行動は起こさない減。今後の展開で仮面ライダーに変身するという事だか、マギアの働きが物足りず、自ら行動するという事だろうか?

唯阿もそうだか、理系の頭脳をもち、ゼツメライズキーの開発を行う一方で、ライダーとしての戦闘力を持つとは素晴らしい。最後は想いが強い人が勝つとは思うが、そこに至るまでは開発者が自ら使用する事で不具合を発見、新たな力を開発、と、最強だと思う。

12年前のデイブレイクの爆発事故の真相は明らかになったが、そこに至るヒューマギアの暴走の真実はまだ明らかになっていない。減が滅亡迅雷.netを立ち上げた背景を早く知りたいと思う。

ゼロワン・バルカンは良きライバルで協力関係に!?

ヒューマギアを敵対視するあまり、最初は社長である或人も真実を隠す信用出来ない人間だと評価していた諫。

しかし、12年前のデイブレイクの真相を調べる内に、或人の人やヒューマギアに対して正直に誠実に接する姿を通して見る目が変わって来た諫。

隠し事はしないとあえて諫の前で変身したアルト。エイムズにはゼロワンの正体がバレたのだが、バルカン、バルキリーの正体を或人に明かすのだろうか?バルカンは、ヒューマギアが悪、困っている人を助けると一本気の通った男なので、目的が合致すれば最強のライバルで協力者となりそうだ。

一方、唯阿の目的は何なのか?警察官を志すような人なので、デイブレイクの原因と対策を練る政府機関の手先など、今後は技術面で或人の協力者になる事を期待したい。

或人と諫の今後について

現在は、ヒューマギアに対する考え方で完全に対立している二人ですが、きっと今後はお互いのことを認め合って無二のパートナーとして活躍していく展開を予想・期待しています。或人の全然面白くない逆に対し、我慢できないほどウケている諫の様子がとても面白いです。

ヒューマギアに対し、過去の経験から排除を目指している諫ですが、おそらく或人のいちずにヒューマギアを想う気持ちに感化されていき、徐々に打ち解けていく展開になりそうです。仮面ライダーの歴代の話でも、最初は敵対していても途中でパートナーとなる展開は非常に多いですし、子供が鑑賞するコンテンツとしてはそういった展開の方が好まれるのは間違いありません。

まとめ

仮面ライダーゼロワン6話の無料動画視聴のご案内でした。

海外動画サイトでの視聴は、あなたのスマホやパソコンにもウイルス感染の危険性もあります。

仮面ライダーゼロワンは子供も楽しむ健全な作品です。

作品を汚さない為にも、安全で正しい動画視聴をお願いします。

仮面ライダーゼロワン最新話は「ビデオパス」にて、無料配信をしています。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です