仮面ライダーゼロワン無料動画/Dailymotion/pandora 5話の無料視聴見逃しまとめ

仮面ライダーゼロワンの第5話を見逃してしまった方。

また、仮面ライダーゼロワンの放送がない地域のお住いの方へ、仮面ライダーゼロワンの動画を無料視聴する方法をお届けします。

週末は用事があって、子供が楽しみにしている仮面ライダーゼロワンを見せてあげる事ができない。

どうしようかな〜?と、お考えのお父さんお母さんもご安心下さい。

ビデオパスに初めて登録される方は、仮面ライダーゼロワンの最新話を無料で視聴する事ができます。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

仮面ライダーゼロワンの概要

仮面ライダーゼロワンってどんな感じで展開していくのか?

ちょっと気になりますよね?

もちろん、今後ストーリーがネタバレしてる事はありません。

が、しかし、仮面ライダーゼロワン公式サイトで番組プロデュサーが仮面ライダーゼロワンについて結構詳しく語ってくれています。

仮面ライダーゼロワンを手がける側の考えや思いを知って、仮面ライダーゼロワンを見るのと見ないのでは、感じ方が変わるかもですね〜。

という事で、仮面ライダーゼロワン大森Pのコメントをどうぞ。

令和ライダーはじまるってよ
Highlightとは「みどころ」のことらしいのですが「みどころ」は毎回全部です。
と、言うわけで、ここでは番組制作にまつわることを徒然なるままに書きたいと思います。

「ゼロワン」の名前の由来は新元号『令和』にあります。
新元号になっての1号ライダーであり、『0(れい)1(ワン)』という音感とのダブルミーニングに気付いた瞬間は運命を感じました。もちろん、他にも企業のナンバー1の社長ライダーであり、0と1が羅列されるデジタル世界と強く関わっていく仮面ライダーという幾多の意味があります。

最近よく「令和初のライダーを手掛けるにあたり、プレッシャーはなかったのか?」と聞かれる機会があります。この質問を受けるまで私は気づきませんでした。
『令和初なのだから絶対に変えなければならない!』という使命に。

「そうか、プレッシャーを感じるべきだったのか」と、逆にそこからプレッシャーを感じ始めました。
そこで、『仮面ライダーゼロワン』を作るために何を意識してきたのかを自分なりに分析してみて分かりました。
“新時代ライダー”ということをそこまで意識しなかったのは、正に“新時代”になったからこそなのだと。

「平成仮面ライダーシリーズ」は「昭和ライダー」や前作との“変化”をかなり意識してきたシリーズだと思うのです。自分なりにも『ドライブ』をやるときには 「『鎧武』がこう来たから、こう!」みたいなところがあったり、『エグゼイド』『ビルド』を手掛ける際にも、前の作品を意識して「どう変えていくか」という部分をかなり意識した憶えがあります。

しかし、今回の『ゼロワン』に関しては「変えてやる!」という意識はほとんど必要ありませんでした。恐らく新時代になったことによって「平成や前作とのカウンターを意識しなくてよくなった」からだと思います。なんせ時代そのものが変わっているので。

それがどういうことかと言うと、「ゼロワン」は“過去”を意識する作り方ではなく、かなり“未来”とか“これからの子供たちが生きる世界”を意識して作っているということです。そのせいで、今までのシリーズと比べる必要がなく、プレッシャーを感じる必要が無かったのだと思います。

というわけで最初の令和仮面ライダー「ゼロワン」です。
昭和の仮面ライダーシリーズ、平成の仮面ライダーシリーズ、どちらのシリーズも素晴らしく、それと比べることができないほど令和は生まれてまだ間もない。だからこそ、ここから仮面ライダーが生まれるつもりで、新ヒーローの誕生をただただ目撃していただければ幸いに思います。

「昭和」「平成」「令和」その時代の変化を意識できるのは大人だけです。
とりあえず、その意識は引き出しに仕舞って、もう一度童心に戻り、令和元年9月1日に始まる新番組「仮面ライダーゼロワン」を見ていただければと思います。

東映公式

仮面ライダーゼロワン5話のあらすじ

大人気漫画家である石墨超一郎(いしずみ・ちょういちろう)の自宅兼アトリエを訪れた或人とイズ。社長直々に、新しい漫画家アシスタントヒューマギアをお届けするというのだが、実は或人自身が石墨の大ファンだった。大好きな漫画『パフューマン剣(つるぎ)』を描いた憧れの漫画家との対面をついに果たした或人だったが、石墨はもはや自分自身で漫画を描いておらず―――。

東映公式

仮面ライダーゼロワン 第5話のキャスト

キャスト

高橋文哉

岡田龍太郎

鶴嶋乃愛

井桁弘恵

中川大輔

砂川脩弥

児嶋一哉

【ゲストキャスト】

勝矢

徳角浩太郎

主題歌

「REAL×EYEZ」
歌:J×Takanori Nishikawa

仮面ライダーゼロワンの今後の展開は?視聴者の思いを聞いてみた!

ヒロインはAI

今作のヒロインでもありAIでもあるイズの活躍に期待しています。これまでも仮面ライダーゼロワンの活躍をサポートしています。可愛らしいルックスとAIなのに愛くるしさがあり魅力的です。

今後、物語が進んでイズが仮面ライダーに変身するなんていう展開があったら最高です。

そうでなくても仮面ライダーゼロワンの戦いのサポートなど今以上の役割を期待しています。

或人とのコンビネーションは抜群で今後も活躍を期待しています。

AIとギャグを融合した作品になる?

ギャグ指導スタッフが入っているので、案外コメディタッチな作品になりそうな予感がします。

アルトは主人公らしいまっすぐな性格ですが、積極的に笑いを取りにいきたいというところが今までの主役と違いますね。

命名センスが「腹筋崩壊太郎」「一貫ニギロー」なので、明るく笑えるライダー展開だと嬉しいです。

AIと今後については、迷いながら共存できる道を模索していく感じになる気がします。

支持しているアルトと、反発するイサムの出現はストーリーの核になりそうですね。

ヒューマギア暴走を企てているふたりの目的はヒューマギアを支配することにあるのでしょうか。だとしたら最終的にはヒューマギアで悪事をするか、善行をなすかで対立していきそうですね。

今回のライダーは全体的にスタイリッシュでスマートなデザインが多いので、メカニックなライダーデザインを期待しています。

AIのヒロイン

背伸びしてモニターを覗き込んだり、或人のダジャレを真似するなど、可愛らしい言動を見せるイズにほっこりしています。

いっぽう、3話から解禁されたOP映像では、イズの涙とか、赤い目のイズなどの映像も含まれており、不穏なものを感じながらも今後の展開が気になって仕方ありません。

番組開始前は、AI搭載のロボットに対して、ヒロインとしての感情移入ができるか半信半疑だったのですが、現時点でガッチリと私の心をつかんでいるイズは紛れもなく本作のヒロインであると確信しました。

いち視聴者として、イズと一緒に1年間の物語を歩んだ末に、どんな地平に到達できるのか、これからも目が離せません。過去のライダーシリーズのみならず、既存のどんなエンターテインメント作品でも見たことがないような、ヒロインの在り方を見せてくれるのではないかと思っています。

海外動画配信サイト「Dailymotion」「Pandora」での視聴はお控え下さい

無料で動画を楽しむのはネット時代のステータスです。

フランスを拠点とする動画サイトの「Dailymotion」

韓国・アジアを中心にサービスを展開する「Pandora.TV」は、既に身近な存在になりました。

 

以前は、著作権があるにも関わらず、様々な動画がアップロードされ見れない動画はないと言う環境でした。

しかし、昨今では日本でも著作権の問題が大きく取り上げられ、著作権を巡り裁判にまで発展したケースもありました。

それは、ネット社会が著作権の侵害を助長しているケースも珍しくなく、違法アップロードがされている海外動画サイトにアクセスを促す有名サイトが次々と閉鎖し高額の賠償金を請求される事態に。

著作権のある動画コンテンツを著作権元に承諾なく、動画サイトに公開する行為。

これは本来であれば、厳しく罰せられなければなりせん。

ただ、海外の動画サイトとサーバーを経由している以上、日本の法律では裁くことができないのが実情でもあります。

しかし、漫画村やanitubeなどの著名なサイトが取り締まりを受けたことにより、海賊版の漫画・動画視聴への公益性を重んじる風潮が生まれたことも確かです。

 

公開してはいけない動画を海外動画サイトへアップロードして、不当な利益を得ようとしている人。

その動画が適正な方法で公開されていない事を承知の上で、視聴する人。

双方の需要と供給があるからこそ、生じる問題でもあります。

今こうした問題の解決に向けて、ようやく動き出した段階と言えるでしょう。

 

私どもが運営する当サイトは、こうした違法で公開されている動画へのアクセスの撲滅を目的しています。

テレビや映画などで公開される動画は、既にVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴する事が広く認知されて来ています。

VODには、期間を定めて無料で動画を視聴できるサービスを提供しているところも多く存在します。

是非、この機会にVODサービスをお試し頂き、使いやすさや安全性に触れて頂ければ幸いです。

 

仮面ライダーゼロワン最新話は「ビデオパス」にて、独占無料配信をしています。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

仮面ライダーバルカンとバルキリー

第2話、第3話で早くも登場した2号ライダーの仮面ライダーバルカンと3号ライダーの仮面ライダーバルキリー。

滅亡迅雷.netとの争いには、欠かせない存在となりそうですね。

序盤は敵対関係のような対面でしたが、戦う理由は一致してるのであっさりと友好関係になるのかな?

ただ、或人が仮面ライダーゼロワンであることをどこまで秘密にできるのか?これがストーリー展開の鍵となりそうですね。

ここでは、今後の仮面ライダーバルカンと仮面ライダーバルキリーについて皆さんの感想です。

仮面ライダーとバイク

仮面ライダーといえば、バイクにまたがりカッコよく走るイメージがありますが、ここ最近の仮面ライダーは、その要素があるものの、かなり薄い印象があります。

しかし、その中でも仮面ライダードライブは、愛車との関係性が描かれていて深みがあり面白い内容でした。仮面ライダーゼロワンは、AIがテーマで時代背景にもマッチしており、とても魅力的な内容です。

だからこそ、この先新しい仮面ライダーの登場やグレードアップする変身だけではなく、AIを駆使したゼロワン専用のカッコいいハイテクなバイクや車などの登場を期待します!

そして、人類とAIの関係性の中で、命の尊さと最新技術の素晴らしさが子供たちにも伝わるような内容に期待します!

AIと人はどう向き合っていくのか

平成ライダーシリーズが幕を閉じ、新たな令和ライダーシリーズの1作目となった仮面ライダーゼロワンですが、AIが活躍する世界を舞台にしたのは今らしいなと思います。

主人公は前作の常磐ソウゴ君のような明るくお人好しタイプな青年ですが、芯の強さを感じさせてくれます。祖父の会社をいきなり継ぐことになった彼が、周りの仲間との絆を経て立派な社長へと成長していく展開に期待しています。

今作のテーマは人工知能と人との関わりを濃く描いていくのかなと思うので、その辺の描写に注目したいですね。秘書のイズもAIですが、彼女には大きな秘密がありそうですね。

お人好しな或人との関わりを通じて次第に心が芽生えていき、大切な仲間の1人にとなることを期待しています。

またエイムズの2人も、前作のソウゴ君とゲイツ君のような信頼し合える仲間となると思います。

そして或人を煙たがる副社長も、何だかんだ言って大切な仲間になる気がしますね。

AIに心を宿すライダー達

これまでの話を見た中で感じたことは「AI」と「心」でした。機械に心は無いと言われる中で主人公を含めライダー達が色々な事件をきっかけに様々なヒューマギアと接していく中で単純な機械ではないことを感じ、接し方も変わっていくことでヒューマギアにも心が宿っていく、というストーリーになるのではないかと思っています。

ただ、心が宿るということが良いことばかりではなく、悪しき心も比例して増えていくことで今は操られている悪いヒューマギアだけでなく自発的に人間の敵になるヒューマギアも出てくるのではないかと予想します。そのヒューマギアとライダーがどう向き合い、戦っていくのかが見どころとなっていくと思います。

まとめ

仮面ライダーゼロワン4話の無料動画視聴のご案内でした。

海外動画サイトでの視聴は、あなたのスマホやパソコンにもウイルス感染の危険性もあります。

仮面ライダーゼロワンは子供も楽しむ健全な作品です。

作品を汚さない為にも、安全で正しい動画視聴をお願いします。

仮面ライダーゼロワン最新話は「ビデオパス」にて、無料配信をしています。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です