仮面ライダーゼロワン無料動画/Dailymotion/pandora 1話の無料視聴見逃しまとめ

仮面ライダーゼロワンの初回放送を見逃してしまった方。

また、仮面ライダーゼロワンの放送がない地域のお住いの方へ、仮面ライダーゼロワンの動画を無料視聴する方法をお届けします。

週末は用事があって、子供が楽しみにしている仮面ライダーゼロワンを見せてあげる事ができない。

どうしようかな〜?と、お考えのお父さんお母さんもご安心下さい。

auビデオパスに初めて登録される方は、仮面ライダーゼロワンの最終回を無料で視聴する事ができます。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

仮面ライダーゼロワンの概要

仮面ライダーゼロワンってどんな感じで展開していくのか?

ちょっと気になりますよね?

もちろん、今後ストーリーがネタバレしてる事はありません。

が、しかし、仮面ライダーゼロワン公式サイトで番組プロデュサーが仮面ライダーゼロワンについて結構詳しく語ってくれています。

仮面ライダーゼロワンを手がける側の考えや思いを知って、仮面ライダーゼロワンを見るのと見ないのでは、感じ方が変わるかもですね〜。

という事で、仮面ライダーゼロワン大森Pのコメントをどうぞ。

令和ライダーはじまるってよ
Highlightとは「みどころ」のことらしいのですが「みどころ」は毎回全部です。
と、言うわけで、ここでは番組制作にまつわることを徒然なるままに書きたいと思います。

「ゼロワン」の名前の由来は新元号『令和』にあります。
新元号になっての1号ライダーであり、『0(れい)1(ワン)』という音感とのダブルミーニングに気付いた瞬間は運命を感じました。もちろん、他にも企業のナンバー1の社長ライダーであり、0と1が羅列されるデジタル世界と強く関わっていく仮面ライダーという幾多の意味があります。

最近よく「令和初のライダーを手掛けるにあたり、プレッシャーはなかったのか?」と聞かれる機会があります。この質問を受けるまで私は気づきませんでした。
『令和初なのだから絶対に変えなければならない!』という使命に。

「そうか、プレッシャーを感じるべきだったのか」と、逆にそこからプレッシャーを感じ始めました。
そこで、『仮面ライダーゼロワン』を作るために何を意識してきたのかを自分なりに分析してみて分かりました。
“新時代ライダー”ということをそこまで意識しなかったのは、正に“新時代”になったからこそなのだと。

「平成仮面ライダーシリーズ」は「昭和ライダー」や前作との“変化”をかなり意識してきたシリーズだと思うのです。自分なりにも『ドライブ』をやるときには 「『鎧武』がこう来たから、こう!」みたいなところがあったり、『エグゼイド』『ビルド』を手掛ける際にも、前の作品を意識して「どう変えていくか」という部分をかなり意識した憶えがあります。

しかし、今回の『ゼロワン』に関しては「変えてやる!」という意識はほとんど必要ありませんでした。恐らく新時代になったことによって「平成や前作とのカウンターを意識しなくてよくなった」からだと思います。なんせ時代そのものが変わっているので。

それがどういうことかと言うと、「ゼロワン」は“過去”を意識する作り方ではなく、かなり“未来”とか“これからの子供たちが生きる世界”を意識して作っているということです。そのせいで、今までのシリーズと比べる必要がなく、プレッシャーを感じる必要が無かったのだと思います。

というわけで最初の令和仮面ライダー「ゼロワン」です。
昭和の仮面ライダーシリーズ、平成の仮面ライダーシリーズ、どちらのシリーズも素晴らしく、それと比べることができないほど令和は生まれてまだ間もない。だからこそ、ここから仮面ライダーが生まれるつもりで、新ヒーローの誕生をただただ目撃していただければ幸いに思います。

「昭和」「平成」「令和」その時代の変化を意識できるのは大人だけです。
とりあえず、その意識は引き出しに仕舞って、もう一度童心に戻り、令和元年9月1日に始まる新番組「仮面ライダーゼロワン」を見ていただければと思います。

東映公式

仮面ライダーゼロワン1話のあらすじ

都市の中央にそびえ立つ大企業・飛電インテリジェンスの本社ビル。人工知能(AI)やロボティクス・テクノロジーなど、あらゆる最先端技術で世の人々をサポートする会社である。ニュースは、その大企業の社長が亡くなったと報じる。それには目もくれず、今日もお笑い芸人としての舞台が待つ遊園地へと自転車を走らせる一人の男・飛電或人(ひでん あると)。彼こそが、仮面ライダーゼロワンへと変身を遂げる運命の持ち主であった。

東映公式

仮面ライダーゼロワン 第1話のキャスト

キャスト

高橋文哉

岡田龍太郎

鶴嶋乃愛

井桁弘恵

中川大輔

砂川脩弥

児嶋一哉

【ゲストキャスト】

金田明夫

なかやまきんに君

主題歌

「REAL×EYEZ」
歌:J×Takanori Nishikawa

仮面ライダーゼロワン初回放送目前!視聴者の思いを聞いてみた!

主人公の正体は?

今回の主人公の名前は或人(あると)。まんまAIですよね。なので実は主人公自身が敵となるAIであった、というような今後展開はあるかと思います。

またこの或人、祖父から社長の座を受け継いで社長ライダーになるんですが、父親は既に死亡している設定となっています。

父親の死にAI開発が絡んでいる可能性は高く、もしかすると父親自身がAIということもあり得ます。

メインの脚本家がエグゼイドと同じ高橋悠也さんなので疑似親子関係のネタはお手の物ですし、今回も出してくると思います。

AIも人間が生んだもので疑似親子と言えなくもないため、そこら辺を上手くテーマと絡ませて、人と人、人とモノの繋がりとは何か?という辺りまで広げてきそうです。

人工知能と人間は共存出来るのか?

人工知能を使って世界征服を企む悪の組織vs人工知能を駆使して戦うIT社長ライダーという斬新な切り口で展開される今回の作品。

ストーリーに関しては、せっかく人工知能という題材を選んだのでここは是非、「果たして人工知能と人間は共存出来るのか?」「人工知能を使う人間のモラルはどうあるべきか?」といった社会テーマに踏み込んで行って欲しいと思います。

個人的な希望としては、相棒として一緒に戦ってきた人工知能が悪の組織にハッキングされて敵になるという展開だと面白いなと思います。

そして最後には感情がないと思っていた人工知能に感情が芽生えて仲間になったりとか。

令和初の仮面ライダーシリーズということで大変期待しています!

人工知能AIとライダーとの関係に注目!

令和初の新ライダーシリーズとなり、新時代にふさわしい人工知能AIがテーマとされていて、とても新鮮さと、新時代に突入した感じです。

人工知能AIと、ライダーとの関係や、これからの展開についてとても楽しみで、これからの活躍にとても期待しています。

新ライダーのアクションや、武器や、技などの登場がとても楽しみで、わくわくします。

AIの影響を受ける様々な仕事の世界が各話の舞台となり、その環境下で生まれる悪と、AI企業の社長となった主人公との人工知能技術を巡る戦いが描かれていて、これからの話しの流れがとても気になります。

人工知能AIと、ライダーの組み合わせがとても面白いと思いました。

AIと人間のサクセスストーリー

ゼロワンは姿が公開された当初から明らかに一号と同じくバッタがモチーフ、立ちポーズは平成の一号であるクウガと瓜二つ、更には『ライジングホッパー』と言う基本ファームの名は一号(ホッパー)とクウガ(ライジング)の昭和と平成の仮面ライダー二人への繋がりを感じさせます。

そこで私がゼロワンに期待するのは『令和一号』と言う新しい風を存分に取り入れつつ、一号やクウガに見られたような怪奇路線を意識した、主人公、飛電或斗のサクセスストーリーです。

現状公開されているストーリーであると、或斗は祖父の遺言のお陰で訳も分からぬままAI企業飛電インテリジェンスの二代目社長へと就任した。と、なっており、彼には恐らく真に大企業を背負う覚悟は序盤の内ではまだ出来ないと思うので、それが作中で大きな壁となり、彼が『どんな社長になるのか』のキッカケともなるはずですし、そこで作品の流れが大きく展開するのを期待しています。

また過去の平成仮面ライダーにも社長の仮面ライダーが一定数以上登場しているので、作中や劇場版等で彼らとの絡みも期待できます(最も人格者の社長ライダーはごく少数ですが……)

ともかく、新たに始まる仮面ライダーゼロワンが『令和一号』として、どんな物語をたどるのか大いに期待しています!!

海外動画配信サイト「Dailymotion」「Pandora」での視聴はお控え下さい

無料で動画を楽しむのはネット時代のステータスです。

フランスを拠点とする動画サイトの「Dailymotion」

韓国・アジアを中心にサービスを展開する「Pandora.TV」は、既に身近な存在になりました。

 

以前は、著作権があるにも関わらず、様々な動画がアップロードされ見れない動画はないと言う環境でした。

しかし、昨今では日本でも著作権の問題が大きく取り上げられ、著作権を巡り裁判にまで発展したケースもありました。

それは、ネット社会が著作権の侵害を助長しているケースも珍しくなく、違法アップロードがされている海外動画サイトにアクセスを促す有名サイトが次々と閉鎖し高額の賠償金を請求される事態に。

著作権のある動画コンテンツを著作権元に承諾なく、動画サイトに公開する行為。

これは本来であれば、厳しく罰せられなければなりせん。

ただ、海外の動画サイトとサーバーを経由している以上、日本の法律では裁くことができないのが実情でもあります。

しかし、漫画村やanitubeなどの著名なサイトが取り締まりを受けたことにより、海賊版の漫画・動画視聴への公益性を重んじる風潮が生まれたことも確かです。

 

公開してはいけない動画を海外動画サイトへアップロードして、不当な利益を得ようとしている人。

その動画が適正な方法で公開されていない事を承知の上で、視聴する人。

双方の需要と供給があるからこそ、生じる問題でもあります。

今こうした問題の解決に向けて、ようやく動き出した段階と言えるでしょう。

 

私どもが運営する当サイトは、こうした違法で公開されている動画へのアクセスの撲滅を目的しています。

テレビや映画などで公開される動画は、既にVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴する事が広く認知されて来ています。

VODには、期間を定めて無料で動画を視聴できるサービスを提供しているところも多く存在します。

是非、この機会にVODサービスをお試し頂き、使いやすさや安全性に触れて頂ければ幸いです。

 

仮面ライダーゼロワン最新話は「auビデオパス」にて、独占無料配信をしています。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

ありがとう仮面ライダージオウ

平成最後のライダーとして
強烈なインパクトを残した仮面ライダージオウ。

これまでも時を超え時空を超えたライダーはいましたが
ジオウほどの力を持つものは今後現れることはないでしょう。

世代最強となった仮面ライダージオウ。

最終回ではジオウファンからは
シリーズを名残惜しむコメントが寄せられています。

少しだけ紹介します。

ありがとう平成ライダー!ありがとうジオウ!

「平成ライダーの集大成」として制作されたジオウ。豪華なゲスト陣やまさかのディケイドのメイン出演、タイムウォッチ回収とそれを阻止するタイムジャッカーとの闘い。とにかく全ての回が派手で見逃せませんでした。

ソウゴ、ゲイツ、ウォズの三人が話数を進めるに従って次第に距離が縮まっていくのも、友情モノとして楽しく見ることが出来ました。過去の平成ライダーを全てふりかえることなんて本当に出来るのかと思っていましたが、ウォッチ回収という目的のもとで無事、それぞれのライダーを見ることが出来て満足です。

とくに龍騎スピンオフ作品発表の知らせを聞いたときは、本当に嬉しかったです。もうあのメンバーが集まってバトルを繰り広げることはないだろうなと思っていただけに、真剣に作品を作ってくださった方々に感謝しています。

私個人はソウゴ、ゲイツ、ウォズの三人全員が幸せになってほしいので、誰かの死亡エンドで終わらせてほしくはありません。

特にウォズはもう「祝え!」が聞けないのかと思うとつらいので、ぜひ令和ライダーでも活躍してほしいと思います。

30代女性

平成ライダー総復習

仮面ライダージオウは平成ライダー20周年記念作品として作られた作品で、歴代の平成ライダー達が次々に再登場します。

懐かしいライダー達の登場に感激した人も多いと思います。オリジナルキャスト達が出て来る展開にとてもワクワクしました。主人公だけではなく人気のサブライダーやサブキャラクターそして悪役が再登場することもあり、これまでの平成ライダーを見ていれば嬉しくなる作品です。

今までの平成ライダーを見ていない人でも、「こんなライダーがいたんだ」という発見があると思います。ジオウのキャラクターも魅力的で、特に目的がそれぞれに違う常盤ソウゴ・明光院ゲイツ・ウォズの3人が戦いを通じて仲間になっていく展開にグッときます。

ヒロインのツクヨミもミステリアスな外見と意外に可愛らしくて親しみ易いキャラクターが魅力的です。

40代女性

デザインが一品

毎回ライダーに期待しているのはまずデザイン。

ジオウは、「時(計)」と「(文)字」を融合させた巧妙なデザインでしたが、最初見た時は、とにかください!としか感じませんでした。

特に目の部分や武器、必殺技のエフェクトに片仮名や平仮名の文字がデザインに盛り込まれているのを見た時、これはないだろう!?と思わざるを得ませんでした。

初期フォームですらそういう印象だったんですが、グランドジオウのデザインは、さらにひどいなと感じました。同じ10年目という節目に登場したディケイドのコンプリートフォームと同じですね。子供にとっては分かりやすいのでしょうが、もう少し洗練させることはできなかったのかと。

次に、ストーリーについてですが、説明や設定が不十分で、分かりづらいところがあります。唐突な展開が結構あって、ぼーっと見ていると、ついていけないところがありました。唐突さに関しては、ディケイドにも見られました。一方で楽しめたところは、オリジナルライダーですね。

スピンオフにもなったシノビや、クイズ、キカイ、ギンガなどは、デザインのダサさもそうですが、設定などにも少し昭和の匂いを感じました。

次の10年目のライダーは、デザイン的にも、設定・ストーリー的にもより洗練され、分かりやすいものを期待します。

40代男性

まとめ

仮面ライダーゼロワン1話の無料動画視聴のご案内でした。

海外動画サイトでの視聴は、あなたのスマホやパソコンにもウイルス感染の危険性もあります。

仮面ライダーゼロワンは子供も楽しむ健全な作品です。

作品を汚さない為にも、安全で正しい動画視聴をお願いします。

仮面ライダーゼロワン最新話は「auビデオパス」にて、無料配信をしています。

▼無料視聴を楽しまれる方はこちらからどうぞ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です