映画 「トイストーリー4」結末&ラストのネタバレ!あらすじ・感想と評価をチェック!

1995年公開の『トイ・ストーリー』、1999年公開の『トイ・ストーリー2』、2010年公開の『トイ・ストーリー3』に続くトイ・ストーリーシリーズ第4作目である。 ウッディやバズ・ライトイヤーなどお馴染みのキャラクターが再登場している他、前作では別の持ち主の元へ渡ったため登場しなかったボー・ピープが20年ぶりに再登場している。

「何がおもちゃにとっての幸せなのか」というシリーズの根幹を成すテーマ、またかねてから指摘されていた「人格を持つものが人間の所有物となって良いのか」というシリーズが孕んでいる倫理的な問題をクローズアップした作品となっている。 楽曲は作品と同様に、本作でもランディ・ニューマンが音楽を担当している。

ニューマンは本作のために『君のため』と『孤独なカウボーイのバラード』の2曲を新たに書き下ろした。『君のため』はニューマンが、『孤独なカウボーイのバラード』はグラミー賞受賞経験のあるカントリー・シンガーとクリス・ステープルトンが歌唱している。

監督のクーリーは「ランディ・ニューマンの音楽が作品を形づけてきたから、彼なしでの第4弾の制作はあり得なかった」と話している。 また、日本語吹き替えにおいて1作目『トイ・ストーリー』から日本版主題歌を担当してきたダイアモンド・ユカイが本作でも続投しており、本作のために23年ぶりに新録した。さらに『君のため』も彼が担当している。

それでは早速、ネタバレの紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

映画『トイ・ストーリー4』あらすじ

アンディのおもちゃから、ボニーへと持ち主が変わったおもちゃたち。 ボニーの家で今まで同様「人間の前でうごいてはいけない」というルールに従い、動き回る生活を送っていた。

 

ある日ボニーが幼稚園で作った「フォーキー」が仲間に加わる。ボニーはフォーキーを心の支えとし、大事な人形として扱っているのに反して、フォーキーにはウッディ達が考える「ボニーのおもちゃ」としての自覚がない。むしろ、自分は「ゴミの中にいたほうが温かい、落ち着く、ゴミに帰りたい」とすら思っている。

 

そんなフォーキーが心配で、ウッディは「何かボニーのためにできること」として、フォーキーの子守をかって出ることにする。

映画『トイ・ストーリー4』のネタバレ

それでは早速、映画『トイ・ストーリー4』のネタバレをチェックです。

ご主人がポニーへと替わったウッディーたちと、新しく仲間に加わったフォーキーの自分を見つめ直す物語。

ネタバレ①:新しい仲間「フォーキー」

ポイント!!
フォーキーはおもちゃではなく、ゴミになりたい…
ウッディやバズ、ジェシーやポテトヘッド、ハム、スリンキー。 かつてアンディのおもちゃだったが、ボニーに譲られた。 ボニーを持ち主として、新しい仲間たちとともに、毎日を過ごしていた。

 

しかしウッディは今までアンディの時とは少し違っている毎日に寂しさも感じていた。 ボニーはアンディほど、ウッディを必要としてない。あまりウッディで遊ばないのだ。 必要とされることを切望するウッディはおもちゃの仲間をまとめようと必死だ。

 

ある日、内気なボニーは幼稚園のお試し保育に出かけるが、馴染めなくてどんどん寂しくなる。そんなボニーのリュックに勝手に入りこんでいたウッディ。 みかねてボニーの工作の材料をゴミ箱の中からテーブルに並べてしまう。 ボニーはその材料を使って新しいおもちゃ「フォーキー」を作り出し、気に入って大好きになりいつも一緒に過ごそうとする。

 

しかしフォーキーにはおもちゃの自覚はない、ゴミに帰ろうとすらする。 一生懸命フォーキーにおもちゃとして存在していることを説明し、なんとか「ボニーのそばにいて、心の支えになる、それはフォーキーのやるべきことなんだ」と必死でフォーキー自身の価値を教えようとするのだ。

ネタバレ②:アンティークショップでの懐かしい「ボー・ピープ」との再会

ポイント!!
ポー・ピープとの再開はウッディの運命を変えてしまうのか…
ボニーは両親とオートキャンプ場へ出かける。 出かけた先でもウッディはフォーキーのお守だ。逃げ出したフォーキーを探してウッディは遊園地まで来てしまう。

 

その近くのアンティークショップで、ギャビー・ギャビーという名のボイスボックスが壊れた人形や、ベンソンという人形達と出会う。ギャビー達はウッディのボイスボックスを狙い、フォーキーを拉致してしまった。 ウッディは店主の孫のハーモニーのおかげでなんとか逃げられた。逃げた先の公園でウッディは懐かしい仲間「ボー・ピープ」と再会する。

 

ボーはずいぶん前とは様子が変わっていた。持ち主を持たない「迷子のおもちゃ」となり そこで出会った仲間と最高に自由な毎日を満喫していた。 もう「誰かのおもちゃになる生活はこりごり」なのだ。

 

一方朝になったが戻らないウッディとフォーキーを探しに車を出たバズも、遊園地のゲームコーナーに景品として飾られることになる。 そこでやはり景品になり、子供と遊んだことのないぬいぐるみのバニーとダッキーと一緒にうまく景品の飾り壁から脱出する。 懐かしい話をするうちに、ボーはフォーキーをギャビーから取り戻すのにウッディに協力すると言ってくれる。

 

フォーキーはショップの戸棚の中、ギャビーの身の上を聞いて、ギャビーの悲しみを知る。 ボイスボックスが作動しないから、だれにも遊んでもらえずに、絵本の自分にあこがれ続けているのだ。 フォーキーを取り戻そうとショップの中に潜んでいるおもちゃたちにも協力してもらい、バスとも合流。 戸棚のカギを手に入れ、ギャビーと戦うウッディ達。

 

しかし、ギャビーが子供に愛されるチャンスすらない、悲しいおもちゃだと知るとウッディはボイスボックスをギャビーに提供するのだった。

ネタバレ③:おもちゃとしての「価値」ってなんだろう

ポイント!!
ギャビーの選択がウッディの考えを変えさせた…
戻る途中沢山の邪魔が入り、またフォーキーとはぐれ、でもフォーキーを置いてはいけないウッディは車に戻るバズに「メリーゴーラウンドで待ち合わせ」と車で待つジェシーに伝えるように頼み自分は残る。 ボニーの父親が運転する車が帰路に着く前になんとか戻らないければならない。

 

ボニーのもとに 戻るのに、ギャビーや怖い顔のベンソン、新しい仲間達、そして車側でもジェシーをはじめアンディのおもちゃの時からの仲間、ボニーのところ で新しく仲間になったおもちゃ達、全員が協力する。 戻る途中に迷子の寂しそうにする女の子を見かけたギャビーはその子のおもちゃとして生きる決心をしてウッディ達と別れる。

 

ギャビーと出会い、おもちゃには「愛されて、遊んでもらってこそ価値がある」とばかり思っていたが、自分のボイスレコーダーをあげても価値がないと思われてしまうことも、そんなこと関係なく、子供に勇気を与える存在になることだってあるんだということも、広い世界を見てしまうウッディ。

 

フォーキーも戻って ようやくボニーの車に戻れるとなった時にウッディは、ボーたちと「迷子のおもちゃ」として生きるんだと、大切な仲間と別れるのだった。

映画『トイ・ストーリー4』感想とまとめ

トイ・ストーリー4をみて感じたこと…
おもちゃは「持ち主がいて、その子の役にたってこそ、価値がある」と思うウッディ。 敵と思われたギャビーも、新しい仲間もほとんどそう思っているのに、ウッディの 考えとは全く違っていて、別人のように明るくたくましく自己のの意思をもっているボー・ピープ。 おもちゃの幸せはなんだろう、所有されることか、自由なのか。 人間にもそう言えることだが「自分は何者か」を考えるときに 「誰かに必要とされる、そうでなければいきる 価値がない」 「生産性がないといけない」そんな考えに異論を唱えているのではないか。 個人の意思で生き、好きなように「生」を満喫するものに 「価値がないと言えるのか」どうか。 本当は世界はもっと広く、色々な楽しみ方、生き方がある。 勝手に自分で決めつけるべきではなく「無限のかなたへ、さあ行くぞ!」 というバズライトイヤーの台詞そのものではないか、人生って。 役に立っているかどうか、そんなことは自分で決めつけることじゃないんだ、いるだけで、それだけで、心の支え、そうフォーキーのように、そんなこともあるんだ。 そう思っている人には教えてあげよう。 そして、新しい世界を見る、広い世界に旅立つことで、もっと自分の心が喜び、それがもっともっと、世界中の幸せにつながることだって、あるんじゃないか、そんな希望を持たせてもらえるエンディングだった。

映画「トイ・ストーリー4」のキャスト

出演キャスト・公開情報
【キャスト】
ウッディ(トム・ハンクス)唐沢寿明
バスライトイヤー(ティム・アレン)所ジョージ
ボー・ピープ(アニー・ポッツ)戸田恵子
フォーキー(トニー・ヘイル)竜星涼
ボニー・アンダーソン(マデリーン・マックグロウ)中村優月
デューク・カブーン(キアヌ・リーブス)森川智之
ギャビー・ギャビー(クリスティーナ・ヘンドリックス)新木優子
ドーリー(ボニー・ハント)田中敦子

【監督】
ジョシュ・クーリー
【映画公開日】
2019年7月12日

映画「トイ・ストーリー4」のレンタル動画を無料視聴する方法

やっぱりテキストのネタバレだけじゃわからない…。映画のレンタルが開始されたら動画でみてみたい…。

やっぱり映画は映像で見るのが一番ですよね。映画『新聞記者』は下記の代表的なVODサービスで無料視聴することが可能です。(一部未対応の作品あり)

U-NEXTポイントで無料視聴・見放題作品数は業界最大級
TSUTAYA TVポイントで無料視聴・DVDレンタルあり
music.jpポイントで無料視聴・見放題作品なし

おすすめはU-NEXTです。動画レンタルはもちろん、見放題の映画や国内外ドラマを多数配信。

また、漫画や雑誌の読み放題も多数取り揃えているのは上記の中でもU-NEXTだけ。初回登録の方は31日間無料で利用することができます。

★600Pが付いて・31日間無料で楽しめる★

MyconoMovieおすすめVODランキングTOP3

☆☆☆NO.1 U-NEXT
動画配信数は業界最大級。
動画配信ジャンルも多岐に渡っており、中でも新作映画の配信は人気の動画コンテンツ。そして、最大の特徴は電子書籍や電子コミックも同時に楽しむことができるところ。動画・電子書籍の一体型アプリでどちらも楽しめるので、スマホでの操作性が抜群です。動画・電子書籍の両方が楽しめる分、月額利用料金は少し高めですが、通勤通学、時間つぶしなど様々なシーンに対応したVODサービスとなっています。
月額利用料金1990円(税抜き)
無料期間/無料ポイント31日間/600pt
おすすめ特典電子書籍見放題あり・動画配信多数
管理人のおすすめのポイント
2ヶ月以上の継続利用で毎月1200ポイントが貰える特典もあります。
ポイントは最新映画の視聴や有料電子書籍の購入にも使え、もちろん翌月にも持ち越すことが可能。ポイントを貯めてみたかったドラマをイッキに視聴することもできます。Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。4デバイスまで同時視聴が可能となっているでの、ご家族での利用がおすすめです。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼U-NEXTを利用してみる▼

U-NEXTの無料視聴はこちら


☆☆NO.2 FODプレミアム
フジテレビ系列の映画やドラマの配信なら「 FOD」です。フジテレビ系列の動画に強く、映画・ドラマ作品は多くの独占作品を配信しています。FODもU-NEXT同様に電子書籍・電子コミックを配信。常に100冊以上が読み放題となっており、人気のコンテンツとなっています。Amazonアカウントを使って登録すると1ヶ月間無料で利用が可能。さらに業界最大ポイントの初月300ポイントがもらえます。サービスの充実度は現在のところ業界トップといえるかもしれません。
月額利用料金888円(税抜き)
無料期間/無料ポイント1ヶ月/1300pt
おすすめ特典フジテレビ系映画・ドラマ最新話無料視聴・電子書籍見放題あり
管理人のおすすめのポイント
フジテレビ系列の映画・ドラマは独占配信作品が多数あります。スポーツ・バラエティーなど多数ジャンルを配信しています。追加料金を支払うとFOD専門チャンネルの視聴も可能です。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼FODを利用してみる▼

FODの無料視聴はこちら


☆NO.3 TSUTAYA TV / DISCAS
おなじみのTSUTAYA。実はレンタルDVDだけではなく、映画やドラマの動画配信も行っています。もちろん、変わらずDVD自宅にいながらレンタルすることも可能です。各映画配給会社やテレビ民放各社の作品を幅広く配信。U-NEXTやFODプレミアムで配信されていない作品がTSUTAYA TVにはあったりもします。この辺はレンタルメディアの先駆者とも言えますね。ただし、見放題作品が少なく、動画配信のほとんどがポイントまたは課金でのレンタルとなっています。

月額利用料金2417円(税抜き)
無料期間/無料ポイント30日間/1080P
おすすめ特典DVDレンタル借り放題
管理人のおすすめのポイント
やっぱり映画はDVDやブルーレイディスクをデッキに入れて…。そんな、雰囲気を大切される方にはTSUTAYA TVがおすすめです。また、U-NEXTやFODプレミアムで配信されない「ジブリ作品」はTSUTAYA TVでDVDをレンタルするしか視聴する方法はありません。月額利用料金が2417円と少し高いので、30日間の無料お試し期間を上手に利用したいですね。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼TSUTAYA TV / DISCASを利用してみる▼

TSUTAYA TVの無料視聴はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です