映画 「トイストーリー4」結末&ラストのネタバレ!あらすじ・感想と評価をチェック!

映画『トイ・ストーリー4』は2019年7月12日に公開され、日本国内での興行収入は1,00億円を突破しました。全世界興行収入は10億ドルを突破し、ウォルト・ディズニー・カンパニーにとって、2019年に世界興収が10億ドルを突破した作品はこれで5本目。年間5作品が10億ドルを突破するスタジオは映画史上初であり、ディズニーの圧倒的な強さを証明する形となりました。

第1作目から時が経ち、17歳になったおもちゃの持ち主アンディは、大学の寮へ引っ越すことに。ウッディやバスらは、アンディと別れを告げ、4歳の女の子ボニーという持ち主のもとで心機一転、新たな道を歩むこととなって3作目で終わりを告げたと思われていました。

今作品では新キャラクターも加わり、新たな物語が始まります。いったい、どんなストーリーになるのか!?それでは早速『トイ・ストーリー4』のネタバレを紹介します。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

映画『トイ・ストーリー4』あらすじ

ウッディとその仲間たちは新たな持ち主ボニーと一緒に暮らしている。

 

彼らは、「おもちゃにとって大切なことは子供のそばにいること」という考えの元、ボニーを見守る中、そこに現れた新キャラクターのおもちゃ「フォーキー」。

 

ところが彼は自分をおもちゃとは思えず、ゴミだと思い続け、ボニーのお気に入りのおもちゃだった「フォーキー」は、家から逃げ出してしまう。 ウッディたちは、ボニーのためにフォーキーを探しに冒険に出る。

 

その中で、一度も愛されたことのないおもちゃ達やかつての仲間「ボー・ピープ」と出会う!! 冒険を通じ、たどり着いた先でウッディたちが出す決断はいかに!?

映画『トイ・ストーリー4』のネタバレ

それでは早速、映画『トイ・ストーリー4』のネタバレをチェックです。

ネタバレ①:新キャラ フォーキー「僕はゴミだ~!」と身投げを繰り返す

ポイント!!
今作のキーマンとなるのが新キャラクターのフォーキー。フォーキーはゴミから作られたおもちゃのため自分をおもちゃとは思えず何度もゴミ箱へ身投げする。そんな彼を中心に物語が展開していく。
ゴミ箱から拾ったゴミでボニーに作られたフォーキー。 顔と胴体はフォークとスプーンで合体されていて、足はアイスの棒を半分に折ったもの、腕は針金のモールで作られたヘンテコなキャラクター。

 

ボニーは、フォーキーの足の裏にもしっかり名前を書いて、リュックに入れて持ち帰り、その帰り道にリュックに入れられたフォーキーにウッディが話しかけたら、なんとフォーキーが動き出した!!自作のおもちゃに命が芽生えたのだ。

 

ウッディが、「新しいおもちゃだ!」と、他のおもちゃたちの前でお披露目されたフォーキー。しかし自分のことをおもちゃではなくゴミだと思っているため、自分がおもちゃとして扱われることに疑問を持ち、嫌がり、何度もゴミ箱に身投げする。

 

ウッディがどれだけ「君はおもちゃだ!」と言っても、自分はゴミだから、とゴミ箱へダイブ。止めてもダイブ。目を離せばダイブ。自傷行為にもほどがあると思うほど何回もゴミ箱に飛び込むのだ。。。それでも助けようとフォーキーに執着するウッディ。それは、ボニーに必要とされないと頭ではわかっているのだが、「ゴミ」というワードが彼に纏わりつくためである。

 

フォーキーはそんなウッディの脳内を体現している。「ボクはゴミだ」と連呼し、ゴミ箱へ急ぐ彼を引き留めようとするのは、ウッディが「ゴミ」となってしまった自分を認めたくない証拠。それ故に、彼を束縛していくのだ。そして、周りのおもちゃは痛い奴として彼と距離を置く。

 

今作は、フォーキーとの対話を通して内なる自分と自問自答することでおもちゃとしての本当の終着点を決めていくという物語となっている。

ネタバレ②:かつての仲間、ボー。ピープとの再会

ポイント!!
かわいい羊飼いの人形であるボー。ピープは、3作目には登場せずファンを心配させたが、今作で再登場。彼女に何があったのか、今までどこで何をしていたのか!?
1作目と2作目に登場し、ウッディのガールフレンドとしてファンの注目を集めたボー・ピープ。 しかし彼女は3作目には登場せず、「いなくなってしまった仲間」とされ、ウッディの落ち込んだ様子が描かれていた。

 

そんな中今回の『トイ・ストーリー4』が製作されたのは、「アンディと別れた後のウッディ自身の物語を語るため」だったため、彼の人生にボーを再登場させるというアイディアが、続編製作決定の要となったそう。

 

ウッディと別れ、特定の子どものおもちゃにならず生きていたボーは、以前の容姿とは全く違った雰囲気で再登場する。 お姫様スカートをマントにしたり、腕が取れても慣れた様子でテープで治したりと、確実に、強い女性として描かれている。

 

ウッディのピンチに颯爽と駆けつけて、敵のおもちゃと戦ったりもする。 もともと芯のあるかっこいい女性でしたが、その魅力がさらに増し、しっかりと何がダメだったのかを叱れて、褒めることもできて。素敵な女性となって帰ってくる!

 

個人的には、ボーはバービー人形のような着せ替え人形ではないので、今までのドレスがパンツ姿に変わってることにすごく強い女性としてのイメージを意識しすぎてて本来の個性を完全崩壊してるため違和感は感じましたが・・・。

ネタバレ③:ウッディの決断に世界中がびっくり!

ポイント!!
新しい持ち主であるボニーに相手にされなくなっていたウッディは自分の存在意義を見出そうと必死。最終的に彼が下した決断は、「フリーランスのおもちゃ」になることだった・・・
冒頭ではウッディは「何かボニーの役に立てることをしよう」と行動に出るが、その一生懸命な行動はたびたび度を越してしまい、バズに「やりすぎだ」と、注意されることも。

 

しかし冒険からボニーの元へ帰ると、今のウッディの状況は、まるで生きがいがない状態に。 そんなときに現れた、昔の仲間でガールフレンドとして描かれていたボー。

 

先にフリーランスおもちゃになっていた彼女と過ごした時間の中で、「今の自分の状況はどうなんだろう」「1人の子どものおもちゃになって遊んでもらえないなんて・・・」と考え込むようになる。けれどそれでもウッディはボニーのおもちゃ。ボニーの元へ帰るのが正しいと思ってボーと、お別れをする。

 

そんな時に声をかけたのはウッディの相棒、バズ・ライトイヤー。 「あの子は大丈夫だ」。そうバズ・ライトイヤーが言います。ボニーは自分たちがいるから大丈夫。フォーキーもいる。だから、自分の好きな道へ行け、と。 ウッディはその言葉を聞いて、すぐにボーのところへ。

 

独立を決意し、ウッディはたくさんの子どもたちと遊ぶフリーランスおもちゃになったのだ。。。 子供は単純におもちゃとしての見方で楽しめると思うが、大人からすると、すごく考えさせられて深い作品となっている。

映画『トイ・ストーリー4』感想とまとめ

トイ・ストーリー4をみて感じたこと…
今までずっと、アンディやボニーのおもちゃとしてのプライドを持って過ごしていたウッディが、自分の意思で誰かのおもちゃをやめてみんなのおもちゃになる・・・。 ウッディは誰よりも持ち主に愛されることを大切にしてきていたので、まさかの決断に衝撃を受けました。 持ち主は、「自分がどこかに置いてきてしまった、失くした」と思って、そこで終わり。子どもがおもちゃを失くすなんてよくあること。だからなくなっても仕方ない、という描かれ方をされています。持ち主や家族はウッディたちが意思を持って動いていることも知らないし、自分を助けてくれていたことも知らないから、簡単に「諦めなさい」とか、「おもちゃならたくさんあるでしょう」。そう言えるんですよね。 持ち主や家族は、おもちゃたちが持ち主のことをどれだけ好きでいたかも知らないままなんです。そう思うと、やっぱりおもちゃって切ないです。 自分がどれだけ持ち主のことを好きかも伝えられない。人間のような意思を持っていても、人間ではないのです。 ウッディはおもちゃだけど、私は彼をただのおもちゃとしては考えられません。あんなに持ち主が大好きで持ち主のために行動しているのに、気づかれるのはNG。その思いを伝えられないなんて切ない。。。 今回、自分のでボニーの元を去って、いろんな子どもに遊ばれることを選んだウッディは正解だったのかなと思います。

映画「トイ・ストーリー4」のキャスト

出演キャスト・公開情報
【キャスト】
ウッディ(トム・ハンクス)唐沢寿明
バスライトイヤー(ティム・アレン)所ジョージ
ボー・ピープ(アニー・ポッツ)戸田恵子
フォーキー(トニー・ヘイル)竜星涼
ボニー・アンダーソン(マデリーン・マックグロウ)中村優月
デューク・カブーン(キアヌ・リーブス)森川智之
ギャビー・ギャビー(クリスティーナ・ヘンドリックス)新木優子
ドーリー(ボニー・ハント)田中敦子

【監督】
ジョシュ・クーリー
【映画公開日】
2019年7月12日

映画「トイ・ストーリー4」のレンタル動画を無料視聴する方法

やっぱりテキストのネタバレだけじゃわからない…。映画のレンタルが開始されたら動画でみてみたい…。

やっぱり映画は映像で見るのが一番ですよね。映画『新聞記者』は下記の代表的なVODサービスで無料視聴することが可能です。(一部未対応の作品あり)

U-NEXTポイントで無料視聴・見放題作品数は業界最大級
TSUTAYA TVポイントで無料視聴・DVDレンタルあり
music.jpポイントで無料視聴・見放題作品なし

おすすめはU-NEXTです。動画レンタルはもちろん、見放題の映画や国内外ドラマを多数配信。

また、漫画や雑誌の読み放題も多数取り揃えているのは上記の中でもU-NEXTだけ。初回登録の方は31日間無料で利用することができます。

★600Pが付いて・31日間無料で楽しめる★

MyconoMovieおすすめVODランキングTOP3

☆☆☆NO.1 U-NEXT
動画配信数は業界最大級。
動画配信ジャンルも多岐に渡っており、中でも新作映画の配信は人気の動画コンテンツ。そして、最大の特徴は電子書籍や電子コミックも同時に楽しむことができるところ。動画・電子書籍の一体型アプリでどちらも楽しめるので、スマホでの操作性が抜群です。動画・電子書籍の両方が楽しめる分、月額利用料金は少し高めですが、通勤通学、時間つぶしなど様々なシーンに対応したVODサービスとなっています。
月額利用料金1990円(税抜き)
無料期間/無料ポイント31日間/600pt
おすすめ特典電子書籍見放題あり・動画配信多数
管理人のおすすめのポイント
2ヶ月以上の継続利用で毎月1200ポイントが貰える特典もあります。
ポイントは最新映画の視聴や有料電子書籍の購入にも使え、もちろん翌月にも持ち越すことが可能。ポイントを貯めてみたかったドラマをイッキに視聴することもできます。Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。4デバイスまで同時視聴が可能となっているでの、ご家族での利用がおすすめです。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼U-NEXTを利用してみる▼

U-NEXTの無料視聴はこちら


☆☆NO.2 FODプレミアム
フジテレビ系列の映画やドラマの配信なら「 FOD」です。フジテレビ系列の動画に強く、映画・ドラマ作品は多くの独占作品を配信しています。FODもU-NEXT同様に電子書籍・電子コミックを配信。常に100冊以上が読み放題となっており、人気のコンテンツとなっています。Amazonアカウントを使って登録すると1ヶ月間無料で利用が可能。さらに業界最大ポイントの初月300ポイントがもらえます。サービスの充実度は現在のところ業界トップといえるかもしれません。
月額利用料金888円(税抜き)
無料期間/無料ポイント1ヶ月/1300pt
おすすめ特典フジテレビ系映画・ドラマ最新話無料視聴・電子書籍見放題あり
管理人のおすすめのポイント
フジテレビ系列の映画・ドラマは独占配信作品が多数あります。スポーツ・バラエティーなど多数ジャンルを配信しています。追加料金を支払うとFOD専門チャンネルの視聴も可能です。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼FODを利用してみる▼

FODの無料視聴はこちら


☆NO.3 TSUTAYA TV / DISCAS
おなじみのTSUTAYA。実はレンタルDVDだけではなく、映画やドラマの動画配信も行っています。もちろん、変わらずDVD自宅にいながらレンタルすることも可能です。各映画配給会社やテレビ民放各社の作品を幅広く配信。U-NEXTやFODプレミアムで配信されていない作品がTSUTAYA TVにはあったりもします。この辺はレンタルメディアの先駆者とも言えますね。ただし、見放題作品が少なく、動画配信のほとんどがポイントまたは課金でのレンタルとなっています。

月額利用料金2417円(税抜き)
無料期間/無料ポイント30日間/1080P
おすすめ特典DVDレンタル借り放題
管理人のおすすめのポイント
やっぱり映画はDVDやブルーレイディスクをデッキに入れて…。そんな、雰囲気を大切される方にはTSUTAYA TVがおすすめです。また、U-NEXTやFODプレミアムで配信されない「ジブリ作品」はTSUTAYA TVでDVDをレンタルするしか視聴する方法はありません。月額利用料金が2417円と少し高いので、30日間の無料お試し期間を上手に利用したいですね。
▼もう少し詳しく知りたい方▼

もっと詳細を知りたい

▼TSUTAYA TV / DISCASを利用してみる▼

TSUTAYA TVの無料視聴はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です